隠しノート

僕は能力のあるゴミです

何をしても無駄な世の中

主語がデカいな。今回は僕の中の狭い世界だと捉えて欲しい。今の世の中は何をしても無駄だ。

 

今楽しそうに暮らしている人たちも、実は不安に思いながら過ごしていたりするし、もう何もしなくていいんだ…と開放的な人もある程度あるのかもしれないけど、それはそれでつまらないと感じる人もいるだろう。

 

何か成功を収めた人というのは、意外と幸せではないかもしれない。楽しく過ごせている人は努力してきた結果だろうけど、何かを代わりに背負っちゃってるかもしれない。

 

さっきから仮定的な内容しか書いてないけれど、何かをするということに価値が無くなってきているような気がするんです。

 

だから、趣味とかで笑い合って楽しむことに全力になるべきなのかもしれないし、そこすらも踏ん張らなくても良いかもしれない。

 

一方、例えばディズニーランドとかでミッキーが動いてるとか、Vtuberが配信していて視聴者を喜ばせているとか、動いてるということに意味がある人というのは価値がある。

 

コンビニの店員や、工事現場の人とか、そんな人たちこそ今の時代大切なんじゃないだろうか。

 

でもそれらは日本を前進しているのではなくて、今の生活を長引かせているような感覚でしかなくて、積み上がらない消費的な感じになっている問題もある。

 

僕らの行動は、何かをして前進や進化させるようなものになっているのだろうか。

 

この記事を見ても「何か書いてあるな。ふーん。」と閉じる人もいるだろうし、「そんなこと意識したことなかった」と興味ある人もいる可能性は0ではない。

 

けれども、何だか前進的ではないし、進化してる感じもない。昔のビデオテープからDVDになっていく流れとか、DVDから Netflixみたいになっていく感じのように、今の世の中は維持でしかない気がしている。

 

数年前と違うのはパソコンやスマホのスペックが上がったことくらいなんじゃないかとさえ思う。AIがクリエイティブ周りに影響を与えてるのは一つ前進かもしれない。それとも別に進んでるわけじゃないのかもしれない。

 

何をしても世の中は無駄なのかもしれないし、実は継続させる意味ではとても大切なことをしているのかもしれない。

 

とか考えながら、コンビニのおにぎりを届けてくれてありがとうとか考えるのであった。

ブログやSNSは居場所にはなるというのは幻想なのかもしれない

いつもは悩み事やらを吐き出していますが、今回は思ったことを書きます。

 

ブログやらSNSというのは、記事を書き溜めたり呟いたりしていって自分の中では何かが積み重なっていき、いつか大きな居場所になっていくんだ。

 

というような感覚の人は多いと思います。先日のイーロンマスクのTwitter買収の件で、Twitterが有料になると噂された時に「あれ?このままじゃまずいのでは?」と感じた方もいると思う。

 

そう。Twitterなんてただのアカウントでしかなく、アカウントが消えたら作り直すか他の場所に行くかーみたいな感じなんだけど、インターネット上で居場所になってるのは「2ちゃんねる」とか「ニコニコ動画」とかだけなんじゃと思うのです。あと、ワンチャンYahoo知恵袋。

 

長くそこにあり続ける老舗のようなものでなければ居場所を作るのは難しい。だから、はてなのブログサービスとかも長く続いててすごいよねみたいな評価はあるかもしれない。

 

でも、個人個人のブログというのは一見居場所になり得そうなのに、実際には記事だけ見てバイバイ!という人が大半だし、有名ブロガーとかでも記事タイトルで煽ってなんぼみたいなところがあるわけ。

 

かつてのイケハヤ的な人でさえ、今はもうブログも亡骸のようになってるし、もうブログというのは居場所にはなり得ないのだと。

 

ニュースサイトは新聞の置き換わりなので、居場所というよりはツールが近い。人がせっせこやってて、人が集まってくるようなものを作るにしても、オンラインサロンとかも何だかFacebookグループとかで幻想的だったりするわけです。

 

ずっとそこにあり続ける安心感や、人が集まってワイワイし続けられて、とりあえず困ったら行く。みたいなのって意外と少ないと思うんだよね。

 

SNSがどうして居場所として微妙なのかというと、直感的で申し訳ないけど情報が早すぎて一つの議題に対しての意見にあまり価値がない。サブ垢の存在。イーロンマスクの手のひらにいる感覚。Facebookのオワコン化。

 

みたいな感じで、人との交流はできるけれどすれ違うのに近いんだよね。TwitterでDMのグループを作って話すとかならまだ分かる。あとDiscordグループも上手くコミュニティとして成立してるのは居場所になるよね。mixiも実は良かったのでは笑

 

という感じで、ブログやらSNSというのは居場所としてはとても微妙な気がしています。このブログだって全ての記事を読み終えたらずっと同じ記事を読むとかないわけで、結局は一時の情報のようなものでしかないわけです。

 

という僕が感じたことを書いてみました。ただ個人的にはSNSなんかよりも、もう少しブログが一般化してくれた方が良い世界になるのかなぁとも思いました。僕のような感じのダラダラ書く人が増えた方がまだ良かったかなと。

凡人すぎてつらい人に読んで欲しい記事

今ちょうど僕は自分が何かしらの才能を秘めている幻想から解き放たれたところだ。色々頑張った。YouTubeとかやってた。収益化もした。なんか俺はどこか天才的だ。という幻想から解放されたのだ。

 

実はお前は凡人でしたー(笑)と言ったことに気付いて、自覚して、認めたタイミングの35歳あたりのおっさんだ。

 

そういう人間が何をするかというと

・自分には何の才能もないので諦める(でも一応幸せ)

・それでも何かを頑張って真の幸せを手に入れる

あたりのことをやるわけだ。

 

僕はしばらくの間前者だった。

けれど、分かると思うけどそのままだと人生は今のままの延長線で、幸せかもしれないけど、不完全燃焼感がある。

僕はぶっちゃけやる気ない人間だし、引きこもり体質なのでこんなことやらなくてもいいみたいにも考えてる。

だけど、現実的には幸せにはなっておいた方が楽しい時間が過ごせると思うのだ。

 

僕には凡人ながらもモチベーションを発揮できる部分がある。

 

細かくは言わないけど、

例えば恋人に「がんばって」と言われたら頑張れるようなタイプっていると思うんだ。そんな感じでモチベーションを作る環境を作ることが大切。この場合なら恋人を作る努力をするだけで環境構築は最高だろう。

 

もちろん、その「恋人がいれば幸せ」と気がつくまでの過程はめっちゃ長い道のりだろう。かなり遠回りをして見つけるんだ。そういうのは。僕もそれは頑張って捻り出した。

 

僕らは凡人だ。しかもバカだ。凡人だしな。

「環境」というものが分からないんだ。

 

バカなりに考えたのだけど、環境というのは良い部屋に住む。というものでも良いし、家にテレビがある。でも良いのだ。恋人がいるでも良いし、家にiPadがある。でも環境が成立してしまう人もいるだろう。

 

つまり、環境とは「自分の生きる場所」のことだ。で、凡人には少なくともやる気を出して幸せになれる環境が必要だ。

 

これを定義すると、凡人に必要なのは「自分が幸せになるためのモチベーションを発揮できる居場所」を構築することなのだ。

 

僕はそれを見つけたのだけど、その環境構築が他の人より難しい。凡人がまずやるべき努力とは、自分がどうしたら幸せになるかを見つけることと、この環境構築だ。

 

その構築が終わったらあとは持続させたり、進化させたりするのだろう。

 

というわけで、環境構築をしたらまた別の記事を書こうと思う。ではでは。

 

何もかもが楽しくなくなった件

このブログは僕の完璧な独り言集のようなものなので、このようにややネガティブなことも書く。というか過去のエントリー全体的に「自分について」のことをほぼ書いてきた。そうしないと死んでしまう生き物なのだ。(大袈裟)

 

で、最近色々分かってきたことがあって僕のように対して優れた能力もなく、成績は悪いけれど、地頭は普通よりやや悪目程度。できることは多いけどなんだか中途半端。

 

こんな人間は今、行動を見直すことにして自分に見合ったことをやろうとしている。でも、自分の全てを自覚して分かったのは、趣味や娯楽の全てをどうせ自分がやってもほぼ全てが60点止まりになるということが分かってしまったことなのだ。

 

これは性格によるもので、モチベーションとか現実感とかを考えたりした結果、必ず自分は上手くいかないのだと最近気がついてしまったのだ。

 

今までは没頭できていたことはのめり込めて楽しめたけど、今は全てのことをやっても何っにも面白くない。

 

自分の限界を作ってるとかじゃなくて僕はどう足掻いてもあるラインを越えることのできない性格なんだ。そういうものだ。壁に対して何度も挑戦した結果、諦めることになる。

 

厄介なのがそんな自分を許せてしまう甘さだ。同時に全ての趣味に対して関心を持てなくなり、もうどうでも良くなってしまった。今死んだとして悔いがない。

 

人生これからまだ長いのだけど、僕にできることは全てが無であり、僕ができることは誰かがより良い技術で代替してくれるだろう。

 

僕はかつて自分が天才的だと勘違いしていたことがある。バカなんだけど、実はもしかしたら…?みたいに自分自身に期待してたんだ。

 

僕はどちらかといえば本当に頭が悪いのと、できることと言えばこのように文章を書いて思考を整理することくらいだ。能力も低いし、やってることも大したことないし、だけどお金はややあるというところが自分の良いことだなぁとか考えたらめちゃくちゃ虚しくなってしまったんだ。

 

こんな環境も長くは続かないわけだし、僕はいつか本当に意味もなく散るだろう。

 

生きることに意味を求めてはいけない。自分で決めるのだ。とか言っても自分で決めたところで何?みたいに思えるのだ。

 

他人と比べてもダメだ。とか言うくせに資本主義は他人と比べてなんぼじゃん。

 

もう自分を天才だと思い込める幻想で生きられない。バカだと言う真実を基準に生きねばならない。

 

という感じで、マジで考え方一つで人は行動ができるし高みに登れてしまうかもしれない。勘違いしたまま生きるのも楽しいけれど、現実的に考えなければ痛いままだったのも事実だったのね。

 

今はマジで何もかもが楽しくないけれどこれは無限じゃない。今なのだ。未来に何かがさらに変わるかもしれない。

 

それを楽しみに今日も生きる。

自分のことしか考えないと人生は詰む。でもやめられない。

このブログは自分との対話のようであって、自分と向き合うようなものでありつつも皆さんの役に立てるように記事を書いている。

 

いや、実は書けていない。僕の気持ちのどこかでは届けたいと願っている。

 

というわけで、僕は自分のことを考えたいし、自分のことだけを見ていたいという人間です。ですが、こういう人は周りを見てないから人生詰む傾向にあります。

 

誰かが求めていることが分からない。想像力の引き出しが狭くて、アウトプットが独りよがりになってしまう。それが俺の世界観でオリジナリティで独自性で…カッコ悪いわけです。

 

でも僕はこの独りよがりな自分が好き。というよりも楽。だって文章の校正とか最低限でいいし、自分が満足できればそれがいいんだもの。

 

という考えの元で生きている。このブログももっと読みやすく書けるだろう。でも、僕はそれをしません。それをしてもつまらないし、僕の目的とはズレるからです。

 

僕の目的ってのは「ある程度ふんふん文章を書いて、投稿ボタンを押し、そしたらワンチャン誰かが読んでくれる。それが嬉しい。」というものです。

 

僕はそんな感じにお金稼げたらいいなぁとかかつて考えてたんだけど、普通にそれは無理な話です。一度芸能人になってからだといけるかもだけど、普通は無理。

 

特にSEOの環境とか考えても無理なものは無理。

 

僕は何がしたいのかと言われても、この文章残し作業がとても好きなのだよ。ただの日記であり、ブログになっているこれが好きなの。

 

お金稼ぎは諦めて、シンプルにこの趣味を楽しむ。それでいいのだ。というよりも本業でお金が稼げてきてるので趣味に対してお金が不要になったのが大きい。

 

僕はマジでその点においての妥協は後悔すらないし、みっともないのも分かるんだ。でもこの手段を愛してるのだ。

 

ちなみにこうして頭の中をスッキリさせることが自分の中でのストレス解消につながるし、僕はこれさえできればいい。誰かからの評価、お金、アクセス数とか諸々ぶっちゃけいらないのだ。

 

ありえないが例えばこのブログ自体がめちゃくちゃヒットしたとかなら僕はとんでもない幸せ者にはなるのかもしれない。

 

でもやはりありえないので、これでいいのだ。

 

目的と手段だと手段の方が圧倒的に好きだし面白い件

まずちょっと話がズレるけれども、凡人は秀才になれるし、凡人も努力すればある程度のところまでいける。

 

僕は地頭は多少良いのかもしれんが、勉強は全くダメだ。

そりゃあ得意なこともあるけれど、才能の有無としては普通だ。

 

得意なんだけど、頑張っても65点とか。僕の中の最高点数がそのくらいなのだ。凡人がいくら努力したところで行けて80点だとして、僕は不器用だから65点止まりなのだ。

 

人生長いわけだから他の分野でも54点とか46点とか、やりたくないけど才能あるものは努力ができなくて58点とか。まぁ色々あるわけだ。

 

何か突出してたとして65点。これの意味が分かるかい?

よく才能と才能を掛け合わせると唯一無二の人になれると言うけれど、僕は器用貧乏なので掛け合わせて確かにぱっと見唯一無二なのかもだけど同じようなレベルの人はゴロゴロいて、実は全然唯一無二では無かったりする。これは能力的にね。

 

でも普通以上ではあるかもしれないので、策が生み出せない内は無理に何もしなくても良いんじゃないかと思うんだ。

 

こうやってブログに書いたところで、普通の人はもっと人に読ませるんだよ。もしかしたら僕の文体の方が気楽で読みやすい可能性はある。でも、情報はないじゃん。明らかに。

 

Googleに媚びようとしてSEO対策をやろうとすると、「凡人 秀才のなり方」とかで検索する人に対して、凡人が秀才になる方法12選!今すぐ実践できるどーたらこーたらみたいなタイトルにして、見出しを作っていき、深掘りしたりするわけなんだけど、そんなん面白くないわけだよ。

 

目的と手段を間違えるとかよくいうけど、僕が好きなのは手段なのだよ。こうしてグダグダ書いてるのがいいんじゃん。でも、これはお金にならない書き方だよね。

 

YouTubeとかもさ、生配信でダラダラ話してる方が楽だし、楽しいと思うんだよね。Vtuberとかはもはや演技とかその人の才能だけで成り立っているけれども。あ、というかVtuberは劣化とした戦略の上で雑談ができる状況を作り出したと言えるんだけど、凡人は根本的に戦略に則って動くとかって厳しいわけだよね。

 

だから、僕ら凡人はやってる内に覚えてきちゃったとか、そういったプチスキルのカケラを1つずつ集めてチリツモですごくなっていくしかない。で、それは努力なので、とても偉いわけだ。

 

そして、それでも65点くらいしか出せないんだし、色んなことを楽しんで普通に生きるのがベストなんじゃなかろうか。時々イケるタイミングはあるかもしれんが。

自分を正しく動かすにはどうしたらいいのかを考えてみた

よく自分を客観的に見ることが大切的なことを聞いたりするけれど、自分はそれがめちゃくちゃ苦手だ。

 

サマータイムレンダでも「俯瞰して考えろ」的なことを言ってるけれど、あれはなんだかアクションゲーム感覚で自分をTPSのように見立てたように考えてる感じになってる。

 

一方でうみねこのなく頃にでは殺人が起きる館の世界と、その駒を動かす上位世界、さらにその上に作者の世界というようにレイヤーに分かれたような考え方になっている。

 

これはあくまでも考え方なので、スッと理解できる。視野を広げて考えるとか、駒を動かすようなマクロ視点みたいな。

 

だけど、そうやって考えるのは分かるけれど、「実際にその駒をどう動かせばいいのか」と言うことは誰も教えてくれない。客観的に考えられる人というのは、自分を合理的な手段で動かしてそのアクションを俯瞰的に考えられるのだろう。

 

でも僕のような人生のザコにはその動かし方が分からない。まず合理的な行動を嫌ってたりもする。そこから認めた上で、合理的な行動をするための選択も正しくないといけない。この選択肢を間違えば、俯瞰して考えたところで間違えた指示をして駒が機能しない。

 

つまり、結構これが大切なんだけど俯瞰的に見れる人というのは頭がいい。意思決定が明確なんだ。

 

頭の悪い人が俯瞰的に考えたりしたところで、コントローラーを持った状態に過ぎない。

 

そこから、合理的な行動をさせて成功に導くゲームなのだとしたら、プレイヤーは合理的にそのゲームを進めていかないといけないのだ。

 

正解までのルートが簡単ならいいんだ。

「可愛い絵が描ける」→「フォロワーが増える」→「サブスクでファン化してもらう」→「お金を落としてもらう」

と言うこの行動に落とし込んでいくために、ひたすら「可愛い絵を描く」ことをしていくだけだからね。

 

でもこの正解のルートが分からない人の場合は、結構詰む。いくらコントローラーを持ったところでオープンワールドの探検とか始めちゃう可能性すらある。

 

と言うわけで、もはやコントローラーを捨てて楽しく生きても良いのだと思うし、

 

最悪でも、下記は実践したい。

「お金を安定的に手に入れるために月収30万以上の会社にサラリーマンとして働く」→「継続して雇われるために良いムーブをし続ける。ダメなら転職する。」→「定年までなんとか頑張る」

 

この合理的なフローを「攻略wiki」として捉えて、プレイヤーであるあなたは「自分をコントローラーで操作」して、普通の幸せな生活を送るしかない。

 

人生は「成功までのフローを考えるかパクる」→「自分をそのフローに当てはめた行動をさせる」→「上手くいけばゲームクリア!ダメならやり直し」と言う流れで、多くの人は「ダメならやり直し」を繰り返してるのだ。

 

僕もダメならやり直しを繰り返してるので、駒が合理的に動かなかったり、そもそもの判断をミスってたりもする。自分探しだとか、成功をするとか自己実現ってのはなかなかに難しい。

 

それが簡単なやつもいるし、当然と思う人もいる。比較せずに脱却したいなら脱却する努力をすることだ。この方法しかないわけだから、苦手なやつは頑張るしかない。こればかりはやり直して別の方法が見つかるとかはない。